お宮参りのお祝いって、どうすればいいの?

お宮参りのお祝いは、地方によっていろいろと異なるようです。 たとえば、お祝いのお金を子どもの着物に結び付けるという地方もあれば、 お宮参りの祝いの宴でお金を包んで渡すこともあれば、 そのような宴の席で、お礼としてお宮参りのお祝い品を渡すというところも、 いろいろあるようです。

お宮参りのお祝いに、何を贈ればよいのか迷う・・・という方も、 とても多いかもしれません。 もし品物でよい地域なのであれば、かさばらないカタログギフトが 贈答品としては最適かもしれません。

そもそもお宮参りって、どうしていくのでしょう? ちょっと気になったので、調べてみました。

なんでもお宮参りというのは土地の氏神さまに お子さまの出産を感謝したり、子どもの無病息災を祈願するために おこなうものなのだそうです。

うちの近所にも昔からある小さな神社があります。 小さな神社ですが、地元一体では有名な場所だったのですが、 最近はどんどん参拝客が少なくなっているような気がします。 お宮参りの風景も、ここのところとんと見かけなくなってしまいました。 寂しいことですね。

もしかすると参拝客が少なくなったというよりも、 お宮参りという風習自体も少なくなっているのかもしれません。

その風習がどういうものか知っていれば、もっともっと 増えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>