カタログギフトをプレゼントに

カタログギフトをプレゼントに使う時のアドバイスを書いていきます。

第一は、なんといっても、掲載商品の品質と品数を確かめることですね。

現在は、電子カタログとか、デジタルカタログとか、

全ページ閲覧システムなどが普及していますから、

必ず確かめましょう。

中には全ページ閲覧ができないカタログギフトもあります。

この手のカタログに限って、40%off!などと、割引率の高さで釣ろうとしていますね。

40%も割引できるということは、一流ブランドが掲載されてないことの証拠。

もらった方ががっがりしては、何にもなりません。

それから最近ではシャディのカタログが、様々なネットショップで

大幅値引きされています。

まるで値引き合戦ですが、これでは「シャディ=ディスカウント品」というイメージが

定着してしまいます。

贈答品では、「ディスカウント」イメージはマイナスですね。

アズユーライクをもらっても「なんだ安売りカタログか」と

思われてしまいますから。

お勧めはやっぱり人気№1のリンベルのカタログギフト。

「リンベル カタログギフト 割引の木村陶器」は

リンベルのカタログギフトを割引している唯一のショップ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>